職場のいじめに巻き込まれない方法

 社会人といえども、学生のようないじめが横行する場合があります。

 全員で無視をするという方法もありますし、仕事の足を引っ張ったり、上司に余計なことを吹き込むという方法もあります。

 では、そのような職場のいじめに気が付いてしまった場合には、いったいどのような行動を取るのが正解なのでしょうか。

 いじめに巻き込まれると面倒なことになってしまいますので、出来る限り避けるという方法が正しい選択肢だと言えるでしょう。正義感を振りかざしていじめの対象者を庇っては疎まれることになるでしょうし、いじめに加担するというのは最も良くない方法だと言えるでしょう。そのまま知らないふりをして放っておくのが一番良いのですが、自分の業務にも支障が出てしまったり、見過ごせないような内容のいじめが行われている場合には、こっそりと上司に伝えるのが最善の方法だと言えるでしょう。

 その場合、絶対に誰にも見られることのない場所で伝える必要があります。少しでも怪しい素振りを見せると自分が標的になってしまうこともあり得ますので、充分に気を付ける必要があるのです。

 また、相談する対象の上司が信頼出来る人であることも重要です。誰に相談を受けたのかということを軽々しく口にしてしまったり、きちんとした対処法を考えないような上司であれば、相談をすること自体がムダになってしまいますので、相手の性格や信頼度を見極めてから話すようにした方が安全だと言えるでしょう。