職場いじめによる被害と対策

いじめは学校でよくある問題として知られていますが、大人になってもその被害に遭う人は多いです。

それは職場で起きてしまう場合が多く、このいじめに関する相談件数は増加傾向となっています。職場でのいじめとは、上司が部下に必要以上に叱責をしたり、圧力をかけてしまう問題です。その他にも、陰口を言われたり、無視や嫌がらせなど仕事に支障が出てしまうような行動や言動があります。

こうした職場でのいじめは、我慢をしてしまうと精神的な病を発症してしまう原因にもなりかねません。実際に、いじめが原因で精神を病んでしまい、会社を休職している人はたくさんいます。しかし、休職の間に病を完治することができず、職場にも戻れない状態から結局は退職に追い込まれてしまうような問題は珍しくありません。

このため、職場のいじめは対策が強化されるようになり、多くの会社では相談窓口を設けたり、産業医によるカウンセリングを充実させたりしています。また、問題解決として自ら動いていくには、労働基準局を利用したり、信頼できる上司に相談してみるのもいい方法です。それをすることで、何らかのアドバイスをもらえたり、いじめをなくしてくれるような対策を行ってくれる可能性も高いです。

職場はあくまでも仕事をする場所であり、人間関係によるトラブルを受けるところではありません。いじめによる精神的苦痛を抱え込まずに、まず相談をしてから対策に向けて改善してもらう働きかけが重要です。このような対策は、周りを気にしてなかなか動き出せない人もいます。しかし、これは自分を守るためには当然の権利です。どうしても周りが気になるのなら、自分に合った仕事や心身に支障を来さない方法を探して、いじめに邪魔をされない快適な職場環境を得ましょう。